FC2ブログ

ハートから見つめる

Sound Artist maco

地に足がついているのと、
現実に巻き込まれているのは、
似ているようで非なるもの。

多次元的な感覚を取り戻せば、取り戻すほど、
「現実」と呼ばれていたもののあやうさも、
より際立ってみえてくる。

スピリチュアルという言葉を着た、浮わついたサイキック…
現実を直視したくないがために、サイキックに逃避することは、エゴの通りがちな道だが、

かと言って、サイキックなものやスピリチュアルなもの、
目に見えない世界を、嫌悪し、否定し、
現実が大事!とカタチだけに「固執」することは、それこそが傷のあらわれだし、
本質を忘れ、いびつな社会が作られることになった原因だ。

(もちろん、どちらも、大いなる完全さの中での、
完璧なプロセスであることは認めたうえで。)

現実をスピリチュアルな視点でとらえ、
スピリチュアルな理解を現実にあらわす、

そういう、ハートの架け橋、バランスが、
とっても大事になってくる。

すべてのものごとの奥にあるエッセンスを見抜く力、

本当に、そこで何が起こっているのか、
長いスパンでもって眺め、真理を見抜く力。

愛は、深い信頼に根ざしているからこそ、
時にとても厳しい。

masako
地に足をつけ、身体にやすらぎ、
「わたし」であることにくつろぎながら、

揺らぎの中にあっても、揺れや振れを感じることで、
いつも、中心の絶妙なポイントを、みつめていたい。

世界のすべてと、わたしを、優しくつつみこみ、
慈しみ、愛し、共にあり、祝福しながら、

わたしを通してあらわれ、響きあいながら創造する、
この類まれなる経験を、出来る限り楽しみ、
この機会をいかしたい。

そう、心から思う。
関連記事
スポンサーサイト



Posted bySound Artist maco

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply