FC2ブログ

夢の記録と、自分を守ること・真の力を発揮すること=自分を極め突き抜けること

Sound Artist maco

まずは、今朝みた夢の話から。。。

 

 

実家のお店(花屋お花)で店番してたら、

銀行員を名乗るイケメンがやってきて(注:好みのタイプではないw)

 

話しているうちに、流れで、

うっかり自宅の鍵と、銀行印と、iPhoneを渡してしまい、

 

後から、ハッ!と気がついて、あわててチャリかっ飛ばして自宅に戻ると、

すでに、家に入られた形跡があり、通帳を持ち去られてたので、

どうしようとアタフタしてたら、

(とは言え、もう薄暗い時間だったので、預金は大丈夫?w)

 

 

犯人のイケメンがひょっこり、庭に現れ、
詰め寄って、説明を求めつつ、声を出して助けを呼んだら、

向かいの豆腐屋さんのお姉さんが気づいて、おじさんが助けに来てくれる…

 

という夢を見て、

ものすご〜〜〜〜く疲れて起きた aya

 

 

 

 

夢の中のわたしは、(いや、現実的にも?w)

ポーッとしてるところがあって、

 

「騙す人がいる」とか「悪意というものがある」という感覚が乏しく、

 

世間知らずにもほどがあるというか


良くいえば、「疑い」というものが存在しない感じ、
悪くいえば、生きる責任を放棄してて、自分で考えることをしない感じ、

 

夢の中では、「何やら手続きをするっていうから、そういうものなんだ」

…って感じで、大事なものを渡してしまってるんだけど にゃ

 

そして、基本、そんな感じだからこそ、現実と呼ばれる世界の中では、

傷つきまくって、異様に疑り深くもなってしまったりした過去があったわけだけど・・・

 


 

 

 

 

でも、小さいころから、恐い夢をみた時は、だいたい、

逃げようとしても、足がひどく重くて走れなかったり、

大声だそうとしても声もでない…っていうのがパターンだったのが、

 

チャリかっ飛ばせてるし立ち漕ぎ

向かいの家に届くくらいの声が出せてるってところに、

 

なんとなく、そこはかとない成長?を感じられ 笑

しみじみしてもいる今である 笑う

 

 

 

 

 

かつての師に、「守りが甘い、ちゃんと自分を守ってあげなきゃ…」

ってことを言われていたのを思い出すし、

その言葉の意味が、ようやくわかってきた今日このごろ。

 

 

 

 

でも、それは、そもそも、

 

「恐れ」から、

自分というものを、誰かや何かに隷属させ、「下」において、

(もしくは、支配されないように、逆に、自分を「上」におこうとすることで)

 

戦いや、支配と隷属のシステムの中に、

自ら、深く組み込まれていくっていう在り方を取り、

 

自分が持ってる真の力を発揮せずに生きてきたことに由来しているわけで。

 

 

 

 

真の力ってのは、

 

何かが出来るとか、優れてるとか、

強いとか、正しいとかってことじゃなく、

 

「自分が自分である」ことや、「ただの自分」というものを、

まるっと肯定し、OKにしたうえで、

 

自分の好きなこと・やりたいことを「自分の責任で」やって、

自分を極め、自分を生きること、

自分といういのちを生かすこと…

 

自発的に、だれもが持つ神なる力「創造性」を発揮することにほかならず、

 

(結果、そういうプロセスが進むことで、過去の自分よりも進化し優れていくし、

全体にとって、正しい在り方をとれるようになるわけで)

 

 

恐れを使い、評価や判断に根ざした、

支配とコントロールのシステムの中で、

 

たたかれたり、痛い目にあわないように、

自分を小さくして、「守る/攻める」ってこととは違うんだ。

 

 

 

 

終わりのないシーソーゲームの中で、

ギッコンバッタンやって、守る/攻める…戦うってことじゃなく、

 

この世界に身をおきながらも、そんな戦いには参加せず、

とことん「自分」でいて、自分道をまっしぐらに進むこと、

 

「突き抜ける」っていうこと、

 

 

「みんな違ってみんないい」んだから、

他の人と比べて、一喜一憂してる暇があるなら、

 

自分がやりたいことをやりきって、生ききるってこと、

 

それこそが、結果的に、なによりも、自分を守ることになるんだと思う。

 

 
 
なにがあっても自分でいる、
そして、自分らしく、自分の道を楽しく突き進めばいいのだ。
 
 
 
 
 
 
ずいぶん、夢の話からそれたけど にゃ
 
 
「守る=真の力を発揮する」ってテーマとともに、
 
人身御供的に「利用される」っていう、
根深い恐れが、そこはかとなく、つきまとってたんだけど、
 
それも、結局のところ、
「自分で選ぶ」という意識があるかどうかだけなんだろう。
 
やりたいからやってるのかどうかってこと。
 
被害者的な感覚があるから、そう観えるだけで。
 
 
 
「それぞれが自分でいて、共に支え合ってる」と観えるのか、
「奪い奪われ、利用し利用されてる」と観えるのかは、
 
自分が、自分の柱を立ててるかどうか、
まず、自分として充足してるかどうかの違いだろう。
 
 
 
 
すべては自分で、すべてがつながってて、
もともとが至福なのはもちろんとして、
 
この世界で生きる「個として」の部分も、
とことん幸せに生かすことを選んだからこそ、
 
ゆるゆるがいい感じの部分と、
なあなあにしてはいけない部分とあるんだって、
 

流れに委ねることと、流されることの違いが、

ようやく、腑に落ちてわかってきたんだと思うし、
 
 

長年の課題となってた部分を、

ようやく、実践・行動にうつし始めて、

浮き上がってきているものがあるからこその、

今日の夢なんじゃないのかなと、なんとなくそう思う。

 

 

 
超恐いとこだからこそ、ガクガクブルブルしながらも、
やってみることで、(自分の中の恐れの幻想を)突破していくのだ!急ぐ
 
 
長い目で、ビジョンを見据えながら、
かつ、さらなる可能性にひらいて、
 
なにより、目の前の一歩一歩を、大切にハート8
 
 
 
 
 
 
そんなこんなの夢をみて、起きて1階に降りてみたら、
玄関の鍵あけっぱなしになってたっていうオチ付きだったけどにゃ
通帳もiPhoneも無事である笑
 
 
 
 
 
 
 
ここのところ、
やたらと、「終わりとはじまり」とか「完成」とか「次のステージ」とか、
そんなメッセージばっかりやってくるし、
 
いつも、シフトのタイミングで枯れる神棚の榊が、
またもや、枯れてハラハラと散ったり(笑)
 
一昨昨日は、トイレのタンクの水が止まらなくなり、
(と言っても、タンクの中から便器に、水が流れ続けてる感じで、床への水漏れとかの実害はない。)
水道屋さんが来て、直してくれたり、
 
{F174B9A5-EAB2-49BE-96C9-5ECC60FDD10F}
工事に興味津々のお曽根様ハート
 
 
Macで作業し続けるのに、パソコンの配置が悪くて、
あまりにも首腰に負担がかかるので、
作業しやすいように、いろいろ組み替えて試してみたり、
 
模様替えしてみたり、
 
にゃんとなく、ニャー様方の首輪を新調したり、
 
 
にゃんだかんだと、調整中〜肉球
 
 
 
 
きっと、20日の満月満月あたりまで、
 
さらに、中心に中心にぐぐっと、
自分の「好き」を研ぎ澄ませていくことで、
外側に自分が拡張されていく感じで、
 
バージョンアップUPして、
次のステージへの階段をのぼっていくのであろう。
 
 
 
なにはともあれ、やることやるだけっ♪
好きにするだけshokopon
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
Posted bySound Artist maco

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply