FC2ブログ
29
2014

龍を立てる

龍の柱ちゃんとたてて、男性性(火)のエネルギー、正しく使っていこうと思う。

わたしの内なる父性がめたくそなままだから、それをアップデートする時期が来てるんだ。
それがあって、はじめて、わたしの内にも外にも女性性が花開く。

相手がどうするかは、相手の自由なんだという決定的なところは、ちゃんと引き受けた上で、
自分の正当性や優位性を主張して相手をねじふせ変えるためじゃなく、
相手とちゃんとつながってわかりあうために、お互いがよりよく生きるために、もっともっと、しっかり人と向き合って関わっていきたいと思う。

おかしいと思うことや失礼だと感じること、自分の視界からはこう観えているんだってことを伝えることもせず、
そして、自分をちゃんと守ることもせずに、だまりこんで、我慢して、そのくせ心のなかでは憤慨しまくっててもしょうがない。
その状態を許可させてるのは、自分なのだから。

赤薔薇

生命の危険を感じるほどの暴力や権威で支配しコントロールする男性性(父性)を、人生計画の大前提にセットして生まれてきて、恐れから口をつぐみ、迎合し、自分を殺すような生き方を当たり前にしてきた、隷属的な自分が、本当によくみえる。

ちんけなプライドなんか、はなからくれてやるよ。
自分の中の真実に忠実に生きる。
自分に恥じない生き方をする。
自分で自分を殺して生きるくらいなら、誰かに殺されても、堂々と自分を生きて、生き切って、悔いなく気持ちよく死にたい。

なにも変わらなくていいと、望みをもって変えていくことと、どっちも大事。

目の前のことから逃げない。人生から逃げない。

自分のド真ん中の、最も純粋な部分を、そのまま生きていく。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment