FC2ブログ
07
2019

ヴィーナスの薔薇&龍と女神

image

 

与えられているものだけが あるのです
そして 生み出していけるものが

どう活かすかは あなた次第


 

種は あなたの内にあり
花は あなたから咲くのです

あなたから
咲くのです

あなただから
咲くのです


どうぞ あなたでいてください

自分という花を 愛でて
自分であることに 誇りを持って

自分自身を 信頼して

 

 

ライトランゲージアート書「ヴィーナスの薔薇」

ホームページの方で、セッションのシェアをさせて頂きました。
 

上記以外の画像と、祝辞メッセージは、
こちらからごらんください💗

 

 

薔薇のライトランゲージアート書セッション、
ヴィーナスの薔薇、および、La vie en roseは、
明日12/8まで、受け付けています!


 

 

 

安らいで、委ね、ひらいていて、受け取る…


生命への信頼があるからこその、
女性のしなやかな美しさに満ちた薔薇、
 

描かせて頂けて、うっとり幸せでした😊💗

 

image

 

 

 

 

忙しい毎日の中、どうしても、
「やること」ばかりに、意識がとられてしまったり、

情報過多の世の中で、気づかぬ内に、
マインド優勢になってしまったりしがちですが、

BeとDo、
ただ在ることと、動いていくこと、
身体とマインド、

感性と知性、
女性性と男性性…

どちらもあって、
どちらもが活かされて、
気持ちいい巡りがうまれる。
 

 

この(存在しているように観える)世界では、

ゆれながら、ゆらぎながら、
少しずつ、進化拡大していくものだから、
 

アンバランスすら含めて、
ずっと、生命は、完全なバランスの中にあって、
 

いつだって、「だいじょうぶ」だけど😉

 

 

くつろぎや、安らぎ、余白、ゆとり…
自然に、呼吸が深くなるような時間を、
大切にするほうが、やっぱり生きやすいし、息しやすいよね!
 

 

そういう時間は、
なにものにも代えがたい、宝物のような、
満ち足りた「生命の時間」だなぁ。

 

 

image

 

 

「余白やゆとりに、色気は宿る」みたいなことを、
何年か前にFacebookに書いた気がするけど、

 

その後、色々あっての今(笑)
「いや、ほんとそうだなぁ〜。」と、
改めてしみじみ思うし、

 


余白やゆとりにこそ、
マインドを越えたところにある、答えとか理解とか、

アイデアとかインスピレーションが、

ぽ〜んとやってくるんだよね。

 

キツキツだと、見えなくなるものばっかりで😁💦

 

 

車のハンドルに遊びがあるように、
人生にも仕事にも、遊びやゆとりが、大切。

 

 

そのバランス、見極めて、

笑って幸せに生かしてあげたいなぁと思ってるよ。

 


La mer de pianoで、ゆとり時間、堪能してね。

今、久しぶりに聴いてるけど、やばいね、この音の粒子の細かさと、満ちた静寂!

 

 

 

そんなこんなで、一昨日5日、
わたしも、深呼吸しに、
ぷらっと、箱根に、ひとり遠足に行ってきたのでした♪

 

 

大涌谷のあたりで、バスから観た、富士山🗻の美しさ。

image

 

 

久しぶりの森歩き。

image

 

色とりどりの紅葉も美しく、

image

 

image

 

image

 

 

芦ノ湖の、広々とした景色に、

自然に、呼吸が深まる時間💗
 

image

 

優しく、寄せては返す、湖の波。

image

 

お空には、白龍のような雲も♪

image

 

 

 

8月末に、起き抜けに観たビジョンが、箱根っぽいな…と思って、
行こうかなぁと思いつつ、3ヶ月以上もたっちゃったけど(笑)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

先週、8/28の起きがけさん (忘れん坊macoちんのために、起きる直前に差し込まれるビジョンやメッセージのこと)   深緑の森と、深緑の水 水の中に立つ鳥居⛩  鳥居のてっぺんには、金色など縁取りのある、赤いギリシャ十字➕  とても印象的だったのだけど。   広島の厳島神社かなあとも思ったが、 なんとなく、海っぽくはなく、  箱根かなぁ?というところで落ち着いてる。 (檜原の後は、箱根リトリートか? 笑)   いずれにせよ、 水と緑、自然界、弥栄のこころ、 キリスト意識とマリア意識、、、  マイ ど真ん中テーマそのまんまだなぁと思った。    なんかピンと来ることあったら、教えてねー。

Sound Artist maco(@maco.note)がシェアした投稿 -

 


九頭龍神社にある、

大好きなイッチー(市杵嶋姫命)の弁天社の前に、
芦ノ湖への数段の石段があって、

その石段を降りたところから観た、
水の中の鳥居が、まさに、ドンピシャでした!

 

image

 

もちろん、ビジョンのような、
鳥居の上の、ギリシャ十字はないけれど(笑)
(四大元素や、男性&女性原理の統合、復活などのシンボルだろう。)

 

↓こじつけて遊ぶなら、太陽が十字?(笑)

image
 

ここ2〜3ヶ月ほど、また、
男性性と女性性のパートナーシップや、
女神と龍のことが、意識にあがってきていて、

(あと、母性と女性性のバランスも)

 


ご縁の深い(…というか、自己という意識の中に在る、意識の原型みたいな)

 

弁財天(市杵嶋姫命はじめ、宗像三女神)も、

瀬織津姫も、木花咲耶姫も、菊理媛も、観音も、

考えてみれば、みなさま、龍と対で語られる女神たち…。

 

image

 

龍(自然生命のエネルギーの流れ、光)を活かすことや、
締めるとこ締めて、肚を据え、柱を立てること、

立つ(龍)こと、

やわらかさや、優しさだけでない、
凛とした誇りのようなものを、
 

もう一度、取り戻すような時間となりました。

 

 

 

キリリ!や、ドン!があるから、
ゆるっと、ふわっとを、表していられるし、

ニュートラルに観てるからこそ、
色とりどりを、楽しく遊べるんだよね。


男性のピュアな愛を、受け取れる力・信頼する力が、
女の器であり、女の仕事だなと、あらためて、思っています。
 

image

 

 

男性(性)の内には、女性性が、

女性(性)の内には、男性性が、
種のように存在し、


相反するものを孕みながら、
互いが互いを、育んでいる。

 

 

ゆるむだけでもない、
がむしゃらに突っ走るだけでもない、

 

横に広がり流れるだけでもない、
縦に燃えあがるだけでもない、

 

精神だけでもなく、肉体だけでもない、、、

 

どちらもが、活かされる在り方・生き方を、

 

 

 

全であり個であり、
親であり子であり、
女であり男であり、、、

在りながら、成し・成されてゆく、


豊かに巡り、共に栄えていく在り方・生き方を、
表現し、創造していこう。

 

 

 

 

image

 


極を見極めるほどに、
あらゆる波のすべてがOKのまま、

背後に、不動不変のバランスが、

いつも存在しているのが観えてくるし、
 

その背後の完全なバランスの上で、
ゆれる波にのって楽しんでるってことが、

こうやって生きてることだなぁと思うよ。

 

 

満ちても欠けても、月は月😊

image

 

ほんと、愛と祝福と恩寵の中で、
遊んでるだけだなぁ…(笑)

 

 

 

image

 

 

 

お参りを終えた後は、

恒例のように、彩雲みっけ!

 

image

 

 

そして、箱根湯本の温泉で、の〜んびりあったまって、帰宅。


豊かな休日でした💗

image

 

 

 

 

 

Information

 

 ライトランゲージWS ①2020/1/11 ②2019/12/15開催 !

 

 

 

Session

 

アップロード画像0518000 ライトランゲージアート書セッション La vie en rose(12/8まで!)


image ライトランゲージアート書セッション ヴィーナスの薔薇(12/8まで!)

 

 ライトランゲージ・サウンドアルケミー「光の音」

 

 

 

Media

 

スピリチュアルマガジン「アネモネ」
2019年6月号に、取材記事掲載!

 

 

 

SNS

 

image Instagram(ライトランゲージアート書&動画試聴)
 

 Instagram(日記とつぶやき)
 

 Instagram(ニャーズ😸)

Twitter 歌詞bot / Facebookページ

 

 

 

Water Music Suite

 

宝石ブルー シングル「Playing Drops」
〜わたしたちは、生命のしずく〜

▶ AppleMusic、Spotify他、各社配信ストアはこちら
▶ DL販売、CD-R販売、楽曲解説、詳細情報はこちら

 

 

ひかり アルバム「La mer de piano」

〜あるがまま生命の呼吸の波にゆられて〜

▶ AppleMusic、Spotify他、各社配信ストアはこちら
▶ DL販売、CD-R販売、楽曲解説、詳細情報はこちら

 

 

ひかり シングル Life is Flowing
〜水のように生命は流れめぐる〜

▶ AppleMusic、Spotify他、各社配信ストアはこちら
▶ DL販売、CD-R販売、楽曲解説、詳細情報はこちら

 

 

 

 

Official Site

 

 

 

 

 


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment